小学校受験を控えている家庭のために~合格できる家庭環境~

笑顔

良い家庭環境が大事

学習塾

最近は小学校でもイジメの問題が多く、ニュースでも度々取り上げられています。イジメが酷くなり、学校の先生も見て見ぬふりをしていると子供たちは精神的に追いつめられて自殺してしまうケースがあります。

そのため、自分の可愛い子供をイジメから守りたいと考え、小学校受験を決意した親御さんも少なくないでしょう。小学校受験をするということは幼稚園生以下の子供たちです。もしかしたら鉛筆を握ったことのない子供もいるかもしれません。小学校受験は高校受験や大学受験とは違いペーパーテストないこともあります。そのような学校では子供の知識ではなく行動を観察する入試が行われています。受験番号をつけた子供たちを自由に遊ばせます。その様子を試験官がチェックし、合格が決まります。このような入試を行うのは訳があります。幼稚園生の子供にとって家庭がほぼ全ての世界です。父親や母親を見て育つため、家庭環境により子供の成長は変化します。健康で感性豊かな子供に育てたいと考えているなら親も健康で感受性豊かに子供と過ごさなければいけません。

家庭環境が大事と言いましたが、大阪では共働きの親も多いでしょう。最近では学童保育のサポートも受けることができるので、安心して子供を預けて働くことができます。共働きの親がいる子供が全員不合格になることはありません。日頃からどのように子供と親の関係性を築き、子供の幸せを常に考えて、子供のためにも良い家庭環境をつくることが小学校受験では大事になってきます。

一人一人に合った勉強

保育園

三重の家庭教師なら子供の一人一人のレベルに合わせた効率の良い学習をすることができます。子供の苦手科目を克服することも、得意分野を伸ばすことできます。また授業がない日はメールやインターネットでアフターケアを行います。

View Detail

親次第で変わる

幼児教育

幼児を対象にした学童保育や幼児教室の是非は難しいところです。、実際のところ、いろいろと言われているようです。また、3歳までは幼児教室にいれないほうがいいという意見もあります。結局は、親がどう子どもを育てたいか、ということになります。

View Detail

親子で受験を乗り切る

子供

日本では小学校の6年間と中学校の3年間が義務教育です。将来のことを考えて中学受験をする家族は多くなっています。近い将来に必ず訪れる高校受験や大学受験を見据えて中学受験を受けるのです。中学受験には親の協力が必要です。

View Detail